スポンサーリンク

山あり谷あり、いろいろアリマシタ。

今を生きる!日々雑記

こんにちは、すいっちょんママです(╹◡╹)

めでたく結婚15周年も迎え、平和な日々を送っていたわが家でしたが

先日、ひょんなことからお互いのストレスが爆発(汗)

ここ数年ぶりの大バトルをくり広げてしまいました。

スポンサーリンク

きっかけは、些細なこと。

本当に、些細なことから始まりました。

だけどその後の激論バトルが激しすぎて、きっかけがどの辺だったか正確に覚えていませんw

あれだったかな、

愛犬のスウ♀が日に日に犬臭くなってきていたのに、

なかなかお風呂に入れて洗ってあげられなかったから。

↑この文だけを見ると、なんだか、のどかな話ですね!

しかしながら、なかなか根が深い要素が隠れていたのです。

いろいろと。。

あぁ、いろいろ、いろいろ〜。(ため息)

お互いに違うストレスを抱えていた(旦那編)

実は、ずーっと今まで

愛犬スウちゃんをお風呂に入れる役割を買って出ていたのが

旦那だったのですね。(それはもう大変な可愛がりようで。)

しかしここ最近、旦那は体調悪く体力が落ちてしまって、

スウちゃんをお風呂に入れてあげることがキツくなったので、

私がバトンを引きついで、入れてあげることになっていました。

これがですね、旦那にとっては

『以前より体力が落ちて、だんだん出来てたことが出来なくなってきた』
というストレスになっていたのですね。

食欲も、落ちている時期があって痩せたし。

食べられたと思ったら、お腹の調子が悪くなったり。

歩くことがキツくなっているから、あまり外に出られなかったり。

なので、旦那の楽しみだったスウちゃんのお散歩も一緒に行けなくなりました。

1ヶ月近く外に出ていないし、会うのは訪問してくれる医師と看護師だけ。

今、振り返ってみると、すごくストレスでいっぱいだったんじゃないかと思います。

お互いに違うストレスを抱えていた(わたし編)

そういう状態だった旦那のことを、当然心配していた私でしたが、

私にもまた違ったストレスがありました。

フルタイムで働いている中での、責任もさることながら。

いろいろな在宅医療の手続き。立ち会い。

旦那のことや家計管理、家事全般、犬の世話、自己管理、etc。

今までの私は体力には自信があって、問題なく、こなしてきていたのですが

ここ最近、アレですかね更年期っていう名の…。

とにかく体が疲れやすくて仕方がない。
自分の時間なんて無い感じがして落ち込む。

そして私は暑くて仕方がないのに(夏ですし)、だけど旦那は寒がる。

寒いのはガン体質で仕方がないことなので、

私はリビングで冷房をつけて過ごし、

旦那はベッドルームで冷房をつけず扇風機で過ごしてました。

上手ーく、温度差を住み分けできてたと思ってたんですよね。

上手ーく、好きな海外ドラマ見たりして自分の時間を作って凌げてたと思っていたんですよね。

しかーし‥。旦那は私が帰宅すると自分がリビングから出なくては行けないので(寒いから。)

イライラが募っていたみたいですね

そして、大爆発!

とある休日。

私は午前中に美容室の予約を、
午後に自分の病院の予約を入れていたのですが

体の疲労感が取れなくてつらかったので、
全部キャンセルしてリビングで寝こんでいました。
(当然、冷房つけてます。)←ここ大事。

リビングで過ごしたいと思っていた旦那から苦情が入る(寒い)

腹が立って私が図書館に行く(涼みに行く)

帰宅したら、スウちゃんをお風呂にいれた旦那にキレられた。
「風呂にいれるいれる言って、全然やらねぇじゃねーか!」
(がんばってスウちゃんを洗ったけどツラかった)


売り言葉に買い言葉、
私「こっちだって、自分のこと後回しで寝込むほど疲れてるんですけどー!!」



なんか、文字にすると滑稽ですが(汗)

ちなみに、リビングのテレビはAmazon primeやYouTubeや録りためたテレビ番組が観れて、

ベッドルームのテレビは地デジしか映らない。

私がいつもいつも帰宅後リビングですごすから、

寒い旦那は、観たくても観れないでイライラしていたらしい。

え?昼間、私、仕事でいないんだから観りゃいーじゃん。とか言うでしょ。

でも、旦那は好きで仕事を休んでいるわけじゃないから、これもまた火がついてしまう。

何を言っても、なじられるので最終的に悲しくなって私は泣きました。

「平気に見えるからって、私の身体が健康だからって、何を言ってもいいと思っているの?」

そんなことを言った気がします。

‥まあでも、お互い、ストレスで頭おかしかったのかもしれません。

腹が立って仕方ないけれど。

あろうことか、旦那はオキシコンチン(麻薬系鎮痛薬)を服用しているというのに、

ずっと絶っていた泡盛を、怒りに任せて一気飲みしたので、

さすがにちょっとヤバいんじゃないかと心配でしたが

次の日の朝、部屋を覗くと寝息をたてていたのでホッとしました。

そのまま、私は出勤して勤務しましたが、夕方になるとメールが来て

『お寿司買ってきてください、お願いします』と書いてありました。

ちっ。ざけんなよ。まぁ、食欲はあるようで良かった。

たまたま、そばにいた仕事仲間に、

「昨日、久々に大げんかしたんだけどさー、ごめんじゃなくて

『お寿司買ってきてください』なんてメールしてくるんだよぉw」

って言って笑ったら、

「でも、悪かったなーってホントは思ってるんだけど、
無かったことにして普通に戻りたいんじゃないですかぁ?」って言われた。

おぉ!キミ、女子力高いね、さすがだね!

帰ったら、とりあえず、いつも通りにしてみよう。

お互い、謝ったりしないんだけど。

帰宅して玄関開けたら、

「おかえりー。」の声が。

あれ?機嫌治ったのかね。

キッチンを見たら、さりげなく食器を洗ってありました。

あれほど嫌がっていた冷房もついておりました。(めっちゃ厚着しているw)

お互い、謝ったりしない。こちらも敢えて「ありがとう」とは言わない。

だけど、旦那は自分も悪いことをしたと思っているのが分かる。

なので、私も昨夜のことには触れずに食事の支度を始める。

なんだよー、ノロケかよー!なんて思ったあなた!(゚ω゚)

いえいえ、今回で身につけた『水に流す』的といいますか、

『片目を瞑る』的な感じといいますか。。

いろいろあるのも、夫婦だから。

しかしあれですね

好きで結婚したとはいえ、もとは他人同士が一緒に住んでいるわけですから

何も起こらないわけがないですね。

いろいろアクシデントがある中で、どうしたらいいのかわからない時もあります。

ぶつかりながらもお互いに答えを出せない時もありますが、

今回のことで、答えをハッキリ出さなくてもいい物事もあるんじゃないかと。

『ほどほどに』『だいたい』出来ていればいいのかもしれないなぁと思いましたよ。

私もちょっと頑張りすぎていたし、

それを見て旦那もいろいろ葛藤していたんでしょね。

明日からも、また平和に生きていけたらいいなと思っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました